FC2ブログ

豆本の作り方08.表紙と本文の接着【完成】

豆本の作り方、ハードカバーの表紙の作り方の続きです。
【用具】竹串、水糊、糊付け台紙、クリップ、厚紙、ラブトーンなどのヘラ、ティッシュ。

豆本の作り方08.表紙と本文の接着【完成】

上から順に、
表紙の芯と芯の間に折り目を付ける→本文の背表紙部分を平らに均す。
本文の「遊び紙」部分を開く→例によって糊を芯の部分にたっぷり塗る。
クリップの型がつかないように厚紙を挟んで固定する→乾燥させて完成。

これで完結です。

製本の見本にした「おつかい」はこんな豆本です。

豆本の作り方08.表紙と本文の接着【完成】各工程の詳細は袋鵜の豆本屋でどうぞ。

【ダイジェスト版】
豆本の作り方1.作業道具
豆本の作り方02.組版
豆本の作り方03.豆本の部品
豆本の作り方04.本文の裁断
豆本の作り方05.背表紙
豆本の作り方06.ハードカバーの表紙を作る
豆本の作り方07.表紙の接着
豆本の作り方08.表紙と本文の接着【完成】


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 豆本♪豆本♪へ
豆本♪豆本♪
スポンサーサイト



豆本の作り方07.表紙の接着

豆本の作り方、ハードカバーの表紙の作り方の続きです。
【用具】カッター、カッターマット、水糊、糊付け台紙、重石、ティッシュ。

豆本の作り方07.表紙の接着

1. 芯に沿って表紙の紙を折り曲げて型を付けます。
2. 図では上下、左右の順で折っています。
3. しっかり折り目を付けたら開いて、角の余分な紙を切ります。
4. 程々にすっぱりと、四隅を大体均等に切ります。
5. 糊付け台紙を敷いて、糊はたっぷり塗ります。
6. 上下、左右の順で貼ります。
7. 糊を塗る前に再度、折り目を付けるとやりやすいです。
8. 貼れたら重石を載せて、完全に乾くまで放置。

「豆本の作り方07.表紙の接着」各工程の詳細は袋鵜の豆本屋でどうぞ。

次は<08.表紙と本文の接着>で完結予定です。
またその内にUPします。

【ダイジェスト版】
豆本の作り方1.作業道具
豆本の作り方02.組版
豆本の作り方03.豆本の部品
豆本の作り方04.本文の裁断
豆本の作り方05.背表紙
豆本の作り方06.ハードカバーの表紙を作る
豆本の作り方07.表紙の接着
豆本の作り方08.表紙と本文の接着【完成】

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 豆本♪豆本♪へ
豆本♪豆本♪

豆本の作り方06.ハードカバーの表紙を作る

ハードカバーの表紙を作ります。頑丈さ重視で糊べったり。
方法は人それぞれだと思います。やりやすい作り方を研究してください。

【用具】
カッター、カッターマット、金属定規、薄い筆記具、水糊、糊付け台紙、重石。
豆本の作り方06.ハードカバーの表紙を作る

上から順に、
厚紙で表紙の芯を作る→表紙を印刷して裁断。
表紙の裏に目安の線を引く→芯を糊付けする。
背表紙の芯を貼る→表紙・裏表紙の芯を貼る。
台紙を敷いて、更に紙を乗せて挟む→重石を乗せて乾くまで放置。

「豆本の作り方06.ハードカバーの表紙を作る」の
各工程の詳細は袋鵜の豆本屋でどうぞ。
次は<07.表紙の接着>の予定です。またその内にUPします。

【ダイジェスト版】
豆本の作り方1.作業道具
豆本の作り方02.組版
豆本の作り方03.豆本の部品
豆本の作り方04.本文の裁断
豆本の作り方05.背表紙
豆本の作り方06.ハードカバーの表紙を作る
豆本の作り方07.表紙の接着
豆本の作り方08.表紙と本文の接着【完成】

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村

豆本の作り方05.背表紙

本文に直接貼る背表紙は、表に出ない部分です。
見た目の美しさよりも、頑丈さ・貼りやすさ重視で作っています。

豆本の作り方05.背表紙

左上→右上の順で説明ダイジェスト。

01.接着面の確認。   02.貼る前の状態。
03.花布の代わりの紙。 04.木工用ボンド使用。折り目をしっかり。
05.しっかり揃えて持つ。06.ボンドを塗る。
07.ボンドを伸ばす。  08.背表紙の端っこでさらに伸ばす。
09.貼り付けた状態。  10.何かでこすってボンドを均等に広げる。

花布の代わりの紙は、
付けてみたい方だけ↓でご覧下さい。
各工程の詳細は袋鵜の豆本屋でどうぞ。

こっちにUPするのをすっかり忘れて約1カ月経過…
次は<表紙>の予定です。またその内にUPします。

【ダイジェスト版】
豆本の作り方1.作業道具
豆本の作り方02.組版
豆本の作り方03.豆本の部品
豆本の作り方04.本文の裁断
豆本の作り方05.背表紙
豆本の作り方06.ハードカバーの表紙を作る
豆本の作り方07.表紙の接着
豆本の作り方08.表紙と本文の接着【完成】


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村

豆本の作り方04.本文の裁断

本文の裁断方法の説明です。
最重要事項【紙は切っても手は切らない】

コツ①ずれないように折ること。
コツ②折り目をしっかりつけること。
コツ③まっすぐ、精密に切ること。

コツ③を実現する為には、
端が削れたりしていないまっすぐな金属定規と、
切れ味のいいカッターと、それらを使いこなす腕が必要です。

サイズの大きい本なら多少、誤差が生じてもそれ程気になりませんが、
サイズが小さい本は、誤差が1mm以下でも残念な感じになります。
初期の頃に作った小さい本は、腕前が不足していて誤差が出まくりです。下手ですみません。

豆本の作り方04.本文の裁断

【裁断の流れ】
余白を切り捨て→本文を縦に切り離す
ページを折り→折り目をぎゅっ
端(切取線:縦)を切り捨て→本文を横に切り離す
端(切取線:横)を切り捨て→遊び紙・背表紙を作成


各工程の詳細は袋鵜の豆本屋でどうぞ。

次回は<背表紙>の説明(予定)。
普通の木工用ボンドを使います。

【ダイジェスト版】
豆本の作り方1.作業道具
豆本の作り方02.組版
豆本の作り方03.豆本の部品
豆本の作り方04.本文の裁断
豆本の作り方05.背表紙
豆本の作り方06.ハードカバーの表紙を作る
豆本の作り方07.表紙の接着
豆本の作り方08.表紙と本文の接着【完成】

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村

豆本の作り方03.豆本の部品

ハードカバーの本の部品。
取敢えずこれだけあれば本の形になります。
お好みで糸栞や装飾等を付け加えられます。

豆本の作り方03.豆本の部品

【基本】
本文、遊び紙。
花布(…の代わりの紙。なしでも可)、背表紙。
表紙の芯と背表紙の芯、表紙。

これらの部品を組合わせて製本します。

各部品の詳細は、袋鵜の豆本屋でどうぞ。
前回の更新から約2ヶ月…
もう少し早く更新できるといいなぁと思っています。

次回は<裁断>の説明(予定)。
実際に作業する時は、切れ味のいいカッターをご用意下さい。

【ダイジェスト版】
豆本の作り方1.作業道具
豆本の作り方02.組版
豆本の作り方03.豆本の部品
豆本の作り方04.本文の裁断
豆本の作り方05.背表紙
豆本の作り方06.ハードカバーの表紙を作る
豆本の作り方07.表紙の接着
豆本の作り方08.表紙と本文の接着【完成】

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村

豆本の作り方02.組版

組版の基本を押さえておけば、
ページ数や本のサイズを自由に設定できるようになります。
まぁ、奇数ページの本は不可能ですが…

【基本のお約束】
縦書き=右から開く(国語開き)
横書き=左から開く(算数開き)
両面印刷のページ数=4の倍数
片面印刷のページ数=2の倍数

【ページの数え方】
(例:24ページの本)
表紙のオモテ=1ページ
表紙のウラ=2ページ
遊び紙は数えない
本文の1ページ目=3ページ
本文の2ページ目=4ページ
本文の3ページ目=5ページ
(中略)
本文の20ページ目=22ページ
遊び紙は数えない
ウラ表紙のウラ=23ページ
ウラ表紙のオモテ=24ページ

以下、【縦書きで24ページ両面印刷の本】の例
1.何か適当な紙を二つ折りにします。
2.読む方向に向かって順番に本文のノンブルを振っていきます。

豆本の作り方02.組版

※注=本文は通常、「3ページ」から始まります。
例では分かりやすいように、色分けした上で、紙の各面にアルファベットを振っています。
※注=ノンブル=ページの番号

↓写真は、上の写真の紙を裏返したところ。
豆本の作り方02.組版

3.これを元に、紙1枚分に配置します。

組版に使用するソフトは、WordでもExcelでもPhotoShopでも、
自分が使いやすいものなら何でもアリです。

組版の詳細は、袋鵜の豆本屋でどうぞ。
続きはいずれまた。

【ダイジェスト版】
豆本の作り方1.作業道具
豆本の作り方02.組版
豆本の作り方03.豆本の部品
豆本の作り方04.本文の裁断
豆本の作り方05.背表紙
豆本の作り方06.ハードカバーの表紙を作る
豆本の作り方07.表紙の接着
豆本の作り方08.表紙と本文の接着【完成】

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村

豆本の作り方1.作業道具

こっちに出すのを忘れていたので今頃になってUP。
よく作り方を聞かれるので、まとめてみました。
豆本の作り方1.作業道具

まずは道具編。
割と普通のものを使っています。

ピンセットは、却ってやりにくかったので、素手で作業しています。
サイズが1.3X1.5cmでも、5.0×6.0cmでも変わりなく。

1.ステンレス定規=竹やプラスチックだと、端が削れてしまうので金属です。
2.カッター=本文・表紙は、これで切っています。
3.ラブトーン=紙を折る時に使います。
4.木工用ボンド=背表紙の部分などを接着。
5.水糊=本文と表紙を接着。
6.工作用の鋏=「一生」の仕掛け部分を切る時等に使用。
7.クリップ類=背表紙にボンドを塗った後等に使用。
8.チラシ1(裏が白い紙)=重しを乗せて乾燥させる時等に使用。
9.チラシ2(つるつるの紙)=糊付け台紙として使用。
10.カッターマット=下に敷く物が古新聞等では、くにゃくにゃして切りにくいので。

難しい事は何も考えず、身近にある使いやすい道具でいいと思います。
作業をする時は、くれぐれもご安全に。

作業道具の詳細は、袋鵜の豆本屋でどうぞ。
続きはいずれまた。

【ダイジェスト版】
豆本の作り方1.作業道具
豆本の作り方02.組版
豆本の作り方03.豆本の部品
豆本の作り方04.本文の裁断
豆本の作り方05.背表紙
豆本の作り方06.ハードカバーの表紙を作る
豆本の作り方07.表紙の接着
豆本の作り方08.表紙と本文の接着【完成】

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へ
にほんブログ村



   


   

タグの説明

ユーザタグの説明です。増えたら随時追記します。(2012/06/16追記)

駐輪場のねこ

………………派です。撮るよりも構い倒してしまうので、写真は少ないのです。
駐輪場のねこ 2010/06/13撮影

兵庫県花ノジギク

………………見たり育てたりするのは割と好きですが、撮影の中心は変なです。
兵庫県ノジギク 2010/11/30撮影

保線用の車両?

鉄道………………鉄分が少ないので、斜め上な写真ばかりです。車輌の写真は期待薄。
保線用の車両? 2007/12/09撮影

特殊災害対策車

防災……………忘れた頃にやって来るんだそうなので、忘れないように出してます。
特殊災害対策車 2006/06/12撮影

種類、食毒不明

キノコ…………山登りをする体力がないので、その辺の道端に生えていたものです。
種類、食毒不明 2007/07/24撮影

数字は含みません

一文字店舗……平仮名、片仮名合計で五十音コンプリートを目指そうとしています。
数字は含みません 2006/09/28撮影

用具の説明

豆本の作り方…基本的な方法のダイジェスト版です。詳細は袋鵜の豆本屋でどうぞ。
用具の説明

デパ地下の神戸洋菓子

…主に神戸市内で食べたり見たりしたお菓子類で、洋菓子が多いです。
デパ地下の洋菓子 2007/01/09撮影
神戸洋菓子フェスタなどのイベントは、カテゴリーの「食べ物-イベント」に分類しています。

狸の信楽焼 2005/11/20頃撮影

古カメラ写真…知り合いに貰ったトイカメラ?で撮った写真
JAPAN OPTICSのConcord C180。
フィルム式と言うか、フィルム以外入れる物がない必要最低限の代物
狸の信楽焼 2005/11/20頃撮影

総務省の家計調査品目別データ
パン屋の甘味…神戸市内のパン屋さんのお菓子を色々と。
神戸にはパン屋さんと洋菓子屋がたくさんあって、消費量も多いです。
【参考】総務省の家計調査品目別データ
都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)別ランキング(平成21~23年平均)

プロフィール

鳥川 某

Author:鳥川 某
袋鵜の豆本屋
 手作り豆本&キノコ、イラスト、写真、その他のサイト

袋鵜の豆本屋booth支店
豆本とグッズの通販


豆本「あおいはな」
豆本「あおいはな」絵本

数多の花
 豆本サイズに収まらない小説やイラストなどのサイト(別HN)

 コメントは承認されるまで何も表示されません。
 拍手コメントへのお返事はその記事のコメント欄にしています。

月別アーカイブ

ブログ内検索